お電話でのお問い合わせはこちら 

main_title
痔とは、肛門の周りにできた病気の総称のことを言います。
代表的なものに イボ痔(痔核)、キレ痔・裂け痔(裂肛)、痔ろう(あな痔)の3つのタイプに分かれます。



痔核の治療法
保存的な治療法
注射療法
痔の手術について
痔核の治療法
痔核に対する治療としては、主に以下の3つが上げられます。

1.保存的な治療法
2.注射療法
3.手術療法

そして、患者さんの症状や状態をしっかりと把握し、出来る限り患者さんのご要望にお応えさせていただくようにしております。

上へ
保存的な治療法
sec2_image
手術をしないで内痔核を治療する方法です。
(※後述するALTAやパオスクレーを使った注射療法はここでは含みません。)
保存的な治療であっても、全ての痔核による症状を緩解させることが期待できます。
保存的治療は、肛門衛生や生活習慣の改善、坐薬な軟膏や経口薬などの「薬物治療」がございます。

生活習慣の改善
痔核の発生、増悪には肛門管内の静脈の鬱血が大きな要因と言われております。
そして、排便時の過度の息みは、静脈の鬱血と密接に関与する為、出来るだけ息まずに排便が行える様に、食事の改善や適度な運動を行って頂きます。
また、残便感があったり、習慣で排便時間が長くなるのも良くありません。(排便時間の目安としては約2分以内を目安として下さい。)

薬物治療
肛門の炎症の抑制、痛みの緩和、止血目的で坐薬、軟膏、内服薬を処方します。
排便をスムーズに行っていただく為の下剤もここに含まれます。
上へ
注射療法
sec3_image
痔核に直接薬剤を注射を行うことで、止血したり、硬化縮小させ脱出を無くす為の治療法です。
現在、国内で使用可能な薬剤は2種類と言われております。
「パオスクレー」と「ジオン注」であり、2つとも当院で施行可能となっております。
注射療法は、痛覚の無い歯状線より内側に行いますので痛みは、ほとんどございません。

バオスクレー
5%フェノールアーモンド油の注射液です。
油性の液体で痔核内に注入することによって圧迫止血効果と軽い痔核縮小効果があり、当院では脱出が無いか、もしくはあったとしても軽度の痔核の止血をする為に使用します。
麻酔無しで手軽に行え、止血作用が強い為、繰り返し施行することが可能です。
小さな痔核から止血が出来ない患者さんにとっては非常に良い治療法と言えるでしょう。

ジオン注
内痔核に対する新しい治療法です。
手術療法に比べて痛みが少なく施術後の患者様の負担が少ない上に、治療効果も手術に匹敵する大変良い治療法ですが、特殊な注射法があり現在では、当院も含めた限られた施設でのみ施行が可能です。

上へ
痔の手術について
手術療法(ゴム輪結紮術
専用のゴム輪結紮器を使って、痔核根部にゴム輪をはめ込み結紮するもので、原則的には2度〜3度の脱出する内痔核に対して行います。
結紮された内痔核は血流が途絶え約1週間で壊死・脱落します。
まれに痔核が壊死・脱落して出血することもありますが、ほとんど痛みを感じない歯状線よって、奥で施行しますので基本的には痛み無く治療が行えます。

【写真1】はゴム輪結紮術に使用する器具です。
【写真2】はゴム輪です。家庭で使うゴム輪ではなく、痔核結紮用の特別性の輪ゴムです。
【写真3】は実際に拑子を使って模型の内痔核を把持しゴム輪をかけようとしているところです。


手術療法(結紮切除術:ミリガン・モルガン法)
外痔核成分の大きな場合やその他の理由で、硬化療法、輪ゴム結紮術で効果を望めない場合は、「結紮切除術」を行います。
結紮切除術もほぼ日帰りで行います。
約1週間ほどでお仕事に復帰される方が多いですが、なかには3〜4日で元通りになり、今までと同様の日常生活が行える方もいらっしゃいます。
手術写真をお見せします。
上へ

ブログ
院長ブログ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 初めての方へ
 クリニックまでの"道のり"
 クリニック紹介
 院長・スタッフ紹介
 痔について
 イボ痔
 キレ痔・裂け痔(裂肛 )
 痔ろう(あな痔)
 切らない痔の治療〜ジオン注について〜
 痔の日帰り手術
 治療費について
 痔に関するQ&A
 女性と痔疾患
 便秘について

藤家クリニック
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。